So-net無料ブログ作成
検索選択

32 キリエ・エレイソン ~讃美歌21より~ [讃美歌21 Ⅰ礼拝 1~93]

曲 ウクライナ民謡




2012.8.2録音
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

シズコ

Promusicaさん、こんばんは。本当にお久しぶりです。今日、阿部昌司先生が亡くなられたと言う連絡が入りました。さっきやっとブログにそのことを書いてきました。なんだか、今までずっと、同じ学年の友達と話してたりして、もう寝なくちゃいけないのですが、Promusicaさんにだけは聞いていただきたくて、ご報告に参りました。正直悲しくて、信じられなくて、たまりません。ひとつの時代が終わったなと言ったら言いすぎでしょうか。私にとって阿部先生はそれだけ大きな存在でした。阿部先生にご指導頂き、日本一になりたいだけに山形西高に入学した私です。日本一にはなれなかったけれど、阿部先生に三年間ご指導いただいたお陰で、どんなに私の合唱人生は祝福されたかと思います。               このキリエ・エレイソンも、シンプルでなんともいいですね。「主よ、憐れみ給え」・・・今日の私の気持ちはこれです。今日阿部先生の訃報を聞いた時から、何か阿部先生に関係する曲をお聴きしたいと思ってきました。このキリエ・エレイソンでは無いのですが、余り、ラテン語を歌わなかった山形西高の二年生の時に、別な作曲者ですが、キリエ・エレイソンという曲を歌い、なんと綺麗な曲だろうと、今でもその美しいメロディーを思い出します。今ちょっと探してみようかな?・・・・・(; ̄_ ̄)・・・・駄目じゃ・・・・なんでこんなにキリエは多いんじゃ~!?でも、メロディーはしっかり覚えているので、見つけたらご報告に来ます。このキリエは、Promusicaさん、日本語でも歌ってらしたけど、今日の私にはラテン語のほうがスーッと入ってきました。悲しいからかもしれない。悲しい時って、言葉が入るのが辛いのかもしれませんね。オヤスミナサイ。お葬式は土曜日です。喪服の準備しなくちゃいけないですね。
by シズコ (2013-09-11 22:52) 

Promusica

シズコさん こんばんは
そうですか。若い頃の出会いは、その後の人生に大きなの影響をもたらしますね。

私も中学生~20才頃に出会った3人の方の影響で今の音楽との関わりがあると思っています。

今でも合唱しているときあの人だったらこんなふうに指揮するだろうな、とかこんな風に歌いなさいと言うだろう等、思うときがしばしばあります。

このキリエはウクライナ民謡ということであまりなじみがありませんが、『なんと綺麗な曲だろう』と思われたキリエが見つかるといいですね。私も聴いてみたいです。
by Promusica (2013-09-12 03:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: