So-net無料ブログ作成
検索選択

43-3 主よ、おいでください ~讃美歌21より~ [讃美歌21 Ⅰ礼拝 1~93]

曲 アフリカ民謡
詞 アフロ・アメリカン・スピリチュアル





アフリカ民謡だそうです。

Kum ba yah,my Load は、「主よ、ここに来てください」という意味だそうです。


2012.7.20録音
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 3

シズコ

こちらにも参りました。
この讃美歌はほがらかで、明るいなあ・・・。素敵ですね。

歌詞は決して明るいものではないのに、何ででしょう。メロディのせいかな?
いえ、きっと私は、この現地の言葉の

>クムバーヤーマイロードクムバーヤー。
おお、主よ、クム バーヤー。

この歌詞が、生きてるんだなって思いました。

歌詞、これも貼らせて頂きました。良い翻訳ですね。


「讃美歌21」 43-3番
  「主よ、おいでください」

 アフロ・アメリカン・スピリチュアル(アフリカ系アメリカ人の霊歌)。心の底からの叫びである「クムバーヤー」をそのまま生かしています。
 「クムバーヤー」はガラ人の言葉で「主よ、ここに来て下さい」との意味。本来なら太鼓のリズムが合うかもしれませんが、ハーモニーがとれる人はとって歌ってみて下さい。

讃美歌歌詞

1 主よ、おいでください。クムバーヤーマイロードクムバーヤー、
  主よ、おいでください。おお、主よ、クム バーヤー。

2 泣いてる人がいます、クムバーヤーマイロードクムバーヤー、
  泣いてる人がいます、おお、主よ、クム バーヤー。

3 祈ってる人がいます、クムバーヤーマイロードクムバーヤー、
  祈ってる人がいます、おお、主よ、クム バーヤー。

4 歌ってる人がいます、クムバーヤーマイロートクムバーヤー、
  歌ってる人がいます、おお、主よ、クム バーヤー。

      黙22:17,20 Ⅰコリ16:22

   クム バーヤー、マイ ロード
※“kum ba yah,my Lord”は「主よ、ここに来てください」の意味。

参考にさせていただいたのは、いつものこのサイトです。→http://yassan71.web.fc2.com/yassan.files/hym.files/hym99.files/hym043c.htm


「ガラ人」初めて聞いた言葉だったので、ウィキペディアで検索させて頂きました。貼らせて下さい。

・ガラ人(ガラじん、Gullah)は、サウスカロライナ州とジョージア州の海岸沿い(ローカントリー)と群島の地域に住むアフリカ系アメリカ人である。 歴史的に見て、ガラの地域は、北はノースカロライナ州の海岸のケープ・フィアー(Cape Fear)、南はフロリダ州の海岸のジャクソンビル周辺まで、一度拡大している。しかし今日、ガラの地域はサウスカロライナ州とジョージア州の海岸に限定されている。ガラ人は、特にジョージア州で、ギーチー(Geechee)とも呼ばれる。
ガラ人は、アメリカ合衆国の他のどの黒人のコミュニティよりも、アフリカの言語と文化の遺産が保存されていることで知られている。彼らは、多くのアフリカからの借用語と文法においてアフリカの言語から多大な影響を受けている、英語を基本にしたクレオール語であるガラ語を話す。ガラ語は、ジャマイカ語やバハマ語、そして西アフリカのシエラレオネのクリオ語とも関連している。また、ガラの語り部、料理、音楽、信仰、手芸、農業と漁業の伝統など、すべて強くアフリカの文化の影響を受けている。

アフリカンの方々は、賜物として神さまに音感とリズム感を頂いてきている気がします。 羨ましいです。

だんだん、Promusicaさんの讃美歌のお声、力強くなってきて、とても素敵ですね。

ありがとうございました。感謝いたします。(^-^)/

オヤスミナサイ。 Have a deep rest in Jesus♪


by シズコ (2012-07-27 22:57) 

Promusica

歌詞、それに詳しい解説どうもありがとうございました。

ルネサンスの宗教曲を主に歌うものにとっては、これは讃美歌らしくない讃美歌ですが、黒人霊歌に通じる歌ですね。

>だんだん、Promusicaさんの讃美歌のお声、力強くなってきて、・・・
そう、ついつい元気が出てきます(^o^)
by Promusica (2012-07-29 05:41) 

職務経歴書

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by 職務経歴書 (2012-08-27 11:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: