So-net無料ブログ作成
検索選択

63 天にいます父よ ~讃美歌21より~ [讃美歌21 Ⅰ礼拝 1~93]

Geistliche Lieder,1539
詞 Martin Luther,1483-1546



2011.7.6録音
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 6

Cecilia

Vater unser im Himmelreichですね。
バッハの「オルガン小曲集」にもありますね。
http://www.youtube.com/watch?v=nC6k74Lx3DU&feature=related
by Cecilia (2011-07-15 09:19) 

Promusica

Ceciliaさんnice!とコメントありがとうございます。

そうですね。
バッハのお気に入りのようで、
ヨハネ受難曲やカンタータ90,101,102でも使われています。
いつか歌ってみたいコラールです。
by Promusica (2011-07-15 10:28) 

シズコ

こんばんは。初めまして。Ceciliaさんのところからお邪魔しました。
シズコと申します。どうぞ宜しくお願い致します。
「天にいます父よ~」の言葉に、「あ、主の祈りかな?」と思って
伺いましたが、私は初めて聴いた賛美歌でした。
私は10年前に今のプロテスタントの教会で洗礼を受けました。今使っている賛美集が「新聖歌」と言うものです。私の教会はそれを中心に、わりとワーシップソング(若い人向け?の賛美歌とでも言うんでしょうか?)を歌っているので、こちらでPromusicaさんが賛美しておられる「賛美歌21」と言うのは全く知りませんでした。今アマゾンで検索して「ああ、こう言う賛美歌集もあるのだなあ」と初めて知りました。
「天にいます父よ~」聴かせて頂きました。
素朴で真っ直ぐなお声をお持ちなのですね。素敵です。
なんだか、グレゴリアンチャントを聴いているような、穏やかな気持ちにさせて頂きました。ありがとうございました。
by シズコ (2011-07-20 23:08) 

Promusica

しずこさん、初めまして。
コメントありがとうございます。

「讃美歌21」は、私も2,3年前に初めて知りました。
私自身は以前から歌い慣れている以前の讃美歌のほうがしっくりくるのですが、編集からかなり年月も経ち、言葉の選び方一つについても今の時代に合わなくなっているのも事実です。

私自身今は、教会へは行っていませんが讃美歌に触れていたいと思う気持ちからこのような所で歌わせてもらっています。

>グレゴリアンチャントを聴いているような
ありがとうございます。
伴奏を入れたり、4声で歌うとまた違って聞こえると思いますが、本来その讃美歌が持つ旋律そのもののよさが伝えられればと思い歌っています。
なにせ素人で技術が伴っていませんが(^_^;)

この讃美歌はバッハも好んで編曲している有名なコラール(歌詞はマルティン・ルター)ですが、バッハのもいつか歌ってみたいと思います。
それでは今後ともよろしくお願いします。
by Promusica (2011-07-21 04:09) 

シズコ

Promusicaさん、こんにちは。
ご丁寧なお返事ありがとうございました。嬉しかったです。
Promusicaさんがプロではいらっしゃらないと伺い、半分びっくり(とても良いお声をしていらしたので)半分安心?(少し、気さくにお話しできるかな~と言う気持ち)で今お返事を書きながら、「Promusicaによるルネサンスの音楽」を聴かせて頂いております。
オケゲム!懐かし~!大学卒業後二年目のコンクールの自由曲で歌いました。(曲名が出てこないのが情けない!)懐かしいです。本当にこれをお一人で歌ってらっしゃるのですか?多重録音というのを、よく存じ上げないので、信じられない気持ちで聴かせていただいております。
「インスブルックよ、さようなら」これも全日本の課題曲になりましたね。確か男声合唱だったのではなかったでしょうか?メロディーが懐かしいです。
ジェズアルド!!2009年の課題曲ですね?わたしもこれは市内の高校生の定期演奏会で聴きました。ジェズアルドらしい、わけわかんない難しい、でもOcchi del mio cor vita、奇妙な美しさを持っている音楽だな~と思いました。
ジェズアルドは実は大学3年生の時、コンクールで自由曲で選んだので良く覚えています。間取りがーれ・・・(苦笑)いきなり所帯地味てしまいましたね・・・・失礼しました。3曲を5声で歌いました。「 Occhi del mio cor vita」「 Merce grido piangendo」「 Qual fora, donna」を歌いました。女声をソプラノ、メッゾ、アルト、男声をテナー、ベースに分けて歌い、私はメッゾでした。(高校では女声合唱でメゾの下、その後の混声合唱団時代はずっとアルトでした。声が私は太いのです。^0^;)
モーリーはどちらも新入生歓迎演奏会で歌いましたので、これも凄く懐かしく聴かせて頂きました。「My Bonny lass she smileth」これは、難しいですよね。テンポが途中で変わるところがなかなか巧く歌えず、凄く苦労したのを覚えてます。「Now is the month of Maying」これも私たちに演奏は、いきなり全力疾走になってしまい、今思えば赤面ものです。(苦笑)
「April is in my Mistress face」も、この次は歌っていただけませんか?(我侭ですね。すみません。大好きな曲なんです。)

アルカデルトの「Il bianco dolce cigno」も大好きです。これは、大学卒業後、後輩たちの合宿に混ざって一緒に歌った記憶が懐かしいです。「♪di mille mort' il di sarei contento.」のところから、アルトが入っていくところがとても好きです。わーい♪懐かしいよ~う/(^o^)/

今、ヴィクトリアの「O Magnum Mysterium」を拝聴しております。
これも何回も歌いました。何度聴いても良い曲ですね。♪Alleruja~のところからが、とても好きです。

Promusicaさんの歌を拝聴していると、情緒的に流されない歌い方をなさっておられるような気が致しますが、意識されておられますか?
私の所属していた合唱団では、特に私はその点を注意されたような気がします。私は日本人の高田三郎と言う人の曲ばかり高校で中心に歌っていたので、大学に入ってから本格的に歌いだしたポリフォニーは素敵だと思っていても、実際歌うのはとても難しく、苦手でした。
心地よく自分が歌えるようになるまで、かなり時間がかかった記憶がございます。OGになって10年目くらいでしょうか。。。。やっと楽しみながら歌えるようになりましたのは。
(大学の合唱団のOB合宿が毎年ありまして、6年前まではOBステージもあり、参加しておりましたが、その後取り仕切るOB・OGが居なくなり、学生との連携もうまくいかず、今は無くなりました。)

沢山書かせて頂いて、すみません。今最後のパレストリーナを聴かせて頂いています。
私たちの大学のOB合唱団は、初めて合唱コンクールに16人と言う(各パート4人で参加しました)アンサンブル並の人数で、自由曲はこの「Super frumina Babilonis」と「Sicut Celvus」を二曲ひっさげて参加しました。県大会の審査員の先生方に「こんなオーソドックスな曲を自由曲に歌うなんて!?なんて団体だ!」と評価されながらも、金賞を頂きました。
(嬉しかったです♪)

翌年は同じパレストリーナのミサ・ブレヴイス」より「キリエ」と「グローリア」の自由曲で参加いたしました。その翌年の自由曲が「オケゲムの死を悼む哀歌」で参加したような記憶があります。(○十年前の話ですので、うろ覚えですが・・・)

かつて歌った曲をこんなにたくさん聴かせて頂いて、とても嬉しいです。

ちょっとお寄りするはずが、こんなに沢山コメントを書かせて頂き、読んで頂き恐縮です。

また、ゆっくり聴きに来させてください。
本当にありがとうございました。合唱を堪能させて頂きました。
Grace to be you.

 by シズコ

by シズコ (2011-07-22 17:24) 

Promusica

シズコさん、コメントありがとうございます。
ルネサンス時代の多くの曲を歌われているようですね。
コンクールでもそのような歌を取り上げるのは珍しいですが、私はもっと取り上げてほしいと思ってます。

ジェズアルドは、おっしゃるとおり2009年の課題曲です。
32年前私が初めて参加したコンクールの課題曲もジェズアルドでした。
そのころは、パレストリーナの名前さえ聞いたことがなかったので、ジェズアルドの異常な世界?もむしろ抵抗なく受け入れていました。(笑)
でもやはり、「わけわかんない」音楽ですね。(笑)

>情緒的に流されない歌い方を・・・
ご指摘のとおりかも知れません。特に意識はしていませんが器楽的、機械的に歌っていると思います。
ですからこの曲は、悲しい音楽だとか、楽しい音楽だと思って歌ったことはありません。
逆に感情を込めるべき音楽(特に日本の)は苦手です。(笑)
学生時代、合唱をやっていなかったので日本の曲をほとんど歌ったことがないからだと思います。

>「April is in my Mistress face」も、・・・
そういえばまだ歌っていませんね。今度歌わせていただきます。

私の下手な歌をたくさんお聴きくださり本当にありがとうございます。
by Promusica (2011-07-23 04:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。