So-net無料ブログ作成
検索選択

259 いそぎ来たれ、主にある民 ~讃美歌21より~ [讃美歌21 Ⅳ礼拝の時と教会暦【クリスマス】]

曲 John F.Wade,1711-1786
詞 ラテン語聖歌,17~18世紀



それにしても旧讃美歌に慣れている私は、やっぱり題名「神の御子は今宵しも」でないと何かピンと来ませんが・・・。

2010.12.17録音
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 4

arata

Promusica 様
やはり、この讃美歌に関しては、<神の御子は今宵しも>の歌詞の方が、しっくりきますね。21の歌詞も悪くはないのですけれど。
arata
by arata (2010-12-21 13:32) 

Promusica

讃美歌21の歌詞については、見直しの結果、わかりやすいものになっているのは間違いないのですが、頭に染みついたものはなかなか切り替えができないようです。
by Promusica (2010-12-22 04:48) 

chichi

讃美歌21のこの曲を初めて聞きました
帰省中に行く実家近くの日キの教会、この曲だけは(旧)讃美歌を使っています
私の行っている教会は、(旧)聖歌と(旧)讃美歌を使っているので、21の歌詞はとても新鮮でした
21の歌詞は、日本語的には、今の日本人には、意味が分かりやすいと感じましたが
やっぱり、(旧)讃美歌や(旧)聖歌の歌詞の方が、しっくりときます
by chichi (2012-03-01 11:05) 

Promusica

chichi さん ありがとうございます

旧讃美歌は、発行されかなりの年を経ているので、当時はよかったのでしょうけれど、社会状況も変化し言葉の持つ意味、影響なども随分と変わって、この曲などもそんな意味で見直されたのでしょうね。
by Promusica (2012-03-02 01:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。