So-net無料ブログ作成

247 今こそ声あげ ~讃美歌21より~ [讃美歌21 Ⅳ礼拝の時と教会暦【クリスマス】]

曲 ドイツ・キャロル,14世紀
詞 中世のキャロル
クリスマスの讃美歌です。




※バッハが編曲したものはこちら
バッハ コラール「甘き喜びのうちに」
2010.12.7録音
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 6

arata

Promusica 様
<In dulci jubilo>は、とても有名なコラールですね。14世紀のコラールが時代を超えて、21世紀の私達に伝えられ、私達がその歌を歌う…奇跡のように思います。讃美歌は、素朴な曲が多いですけれど、時代を超えて歌い継がれる稀有な歌です。神様の素晴らしい業の一つだと感じます。
arata
by arata (2010-12-12 23:40) 

Promusica

In dulci jubiloは、バッハのコラールで初めて知りました。
バッハを聴き始めたころ、たまたまレコードに入っていたのがこのコラールでした。
by Promusica (2010-12-14 05:46) 

Cecilia

大好きなキャロルです。
バッハ以外にもいろいろな作曲家が編曲しています。
リストも編曲していることを知ったときは驚きました。
日本では一般の人があまり知らないのが残念です。
by Cecilia (2010-12-14 19:53) 

Promusica

Ceciliaさんありがとうございます。
クリスマスと言えばこれですね。

へ~リストもですか。以前コンクールでリストのミサ・コラリスのキリエを歌ったことがありますが、今から思うと変わった曲でした(笑)
by Promusica (2010-12-14 23:00) 

Cecilia

このCDで聴けますが、リストの「クリスマスツリー」というピアノ曲の3曲目"Die Hirten an der Krippe"に使われています。
http://ml.naxos.jp/album/BIS-CD-1164
CDの1曲目もバッハによる"In dulci jubilo"ですね。(オルガン小曲集の)
by Cecilia (2010-12-15 05:49) 

Promusica

リストは、あまり聞いたことがないのですが、華やかな感じですね。
ヨーロッパではごく普通に歌われる讃美歌なのでしょうね。
by Promusica (2010-12-15 22:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0